東京における応援ナースの特徴

現在の医療界における人手不足は深刻です。実は医療界における人手不足は現在に限ったことではありません。ここでいう医療界とは看護師のことをいっていますが、看護師は常に人手不足が起きていました。

 

その理由は資格を持っていながら現場を離れる人が多いからです。こうした傾向は看護師の世界だけではなく女性の働き方全体と共通しています。かつて女性の働き方は「腰掛け」といわれていました。その根拠は「結婚したなら退職する」からです。つまり「結婚までの間だけ」働くという意味です。寿退社という言葉まであったくらいですから、この傾向はごく普通の感覚でした。

このような感覚は看護師の世界でも同様でしたので看護師は常に人手不足になっていました。そして看護師よりもナースという言い方のほうが普通になっている現在ではこのほかにも人手不足がおきる要因が起きてきました。

 

それは選択の範囲が広がったことです。特に東京など人口が多い地域では仕事はいくらでもあります。そうした状況の中ではナースという仕事にこだわる人でなければ医療の世界を離れる人が増えるのも当然です。

あと一つ人手不足になる大きな要因があります。それは労働環境の厳しさです。やはり人の命を扱う仕事ですので自然と厳しい労働環境になる要素があります。例えば、夜勤もありますし長時間労働もあります。そうしたことに耐えられる人だけがナースに就くことになります。

 

このようなナース業界において最近注目を集めているのが応援ナースという働き方です。この応援ナースという働き方を具体的に説明しますと、短期間の就労ということです。数字を挙げるなら6ヶ月くらいが基本です。こうした働き方は需要する側と供給する側の両方から受け入れられています。

 

応援ナースは考えようによっては「試し期間」の働き方ともいえます。職場は人間関係がとても重要ですのでそれを知るのに適しているからです。

 

東京における応援ナースの特徴

 

やはり給与が高いことです。ただし、給与が高いことが現場ではナース間の人間関係にマイナスに働くこともありますので注意が必要です。

 

 

>>応援ナースの 求人募集の探し方 TOP