沖縄応援ナースの給料・年収

沖縄での応援ナースは人気があります。給料は一ヶ月が30万円〜45万円となっています。年収だと400〜600万近くいくので(准看護師と看護師ではだいぶ金額に開きがあります)

沖縄はなかなか普段では行ける場所ではありません。有名な観光地もたくさんあります。そのためプライベートもとても充実するものとなるのです。応援ナースの期間は、基本は3ヶ月から半年になります。任期は守らなければいけません。

 

しかし最近では沖縄での居心地がよく、延長を希望される方やリピーターとなる看護師も増えてきています。都会では経験できないようなこともたくさんできます。任期があるので、永住するわけではないため、こちらで応援ナースをされている方は、こちらにいるうちはおもいっきり満喫をしようと意気込んで来られる方がほとんどです。

 

沖縄の満喫の仕方

沖縄はきれいな海がたくさんあります。

ダイビング

 

サーフィン

 

 

など都会ではなかなか楽しむことができない遊びをいろいろと経験できます。そこから、新たな趣味を見つけることもできるかもしれません。

 

応援ナースは、新しい職場で色々な経験も出来る為、看護師としての新たな知識もたくさん身につけることができます。無駄になってしまうような経験はないため、もしも少しでも応援ナースに挑戦できる環境におられるのであれば一度は経験されることをオススメします。

 

慣れない土地での生活は不安があるものですが、応援ナースの場合は、就職活動から引越しや、新しい職場のことまで充実したサポートがついています。そのため、安心して新しい環境に飛び込むことができるのです。ただ家庭のある方は少し挑戦しづらいかもしれませんが、独身の方は良い機会だと思いますよ!

 

沖縄の応援ナースに年齢の条件は?

応援ナースに登録をしますと沖縄の離島などでナースとして一時的に派遣の仕事をすることができます。

しかし沖縄の応援ナースに応募するのには年齢の条件があるのでしょうか?

応援ナースには条件がありますが、
決められた期間をきっちりとこなせる人

 

病院の勤務経験が一年以上ある人

 

看護師や准看護師の資格を持っている人

 

意識が高くて順応できる人

 

などの条件になるのですが、年齢に関する条件はまずありませんのであまり年のことを気にすることなく応募してみてください。

 

もちろんそれぞれの病院によって独自に規定がある場合もありますのであまりにも高齢の場合には勤務できない場合もあるかもしれませんが、ここでは面接なしの書類選考になりますので、わざわざ沖縄まで面接に行ったのにも関わらず落とされてしまうということはないのです。

 

病院を定年退職してからまだまだナースとして活躍したいという方はしてみるのもいいかもしれません。応援ナースは少なくとも病院での勤務経験が必要になりますので少なくとも19歳以上である必要はあります。そもそもこの条件を満たしていない場合には応援ナースとして登録できません。

 

ちなみにナースの世界では決して高齢であることはデメリットにならない

 

高齢の方でも今まで積み重ねてきた経験がたくさんあればそれは重宝されます。むしろ派遣という仕事は即戦力となることを求められますので高齢の方のほうがいい場合もあるのです。実際にこの仕事に応募して働いてきた方のエッセイがサイトのほうに掲載されていますので見てみるといいでしょう、結構年の方も参加されています。

 

人間はいくつになっても変わることができますので、もしも自分を変えてみたいと思うのでしたら参加してみてください。大体は三か月から半年くらいになっていますが気に入ればそのあと延長することもできるのです。病院も慣れている人を使いたがる傾向がありますので応じてくれます。

 

 

>>応援ナースの 求人募集の探し方 TOP