メリット・デメリット

看護師の仕事は大変ですが逆にやりがいがあると感じている人も多いです。地方などにいくと、看護師が不足しているので、求人をだしてもなかなか集まらない所もあります。患者さんにとっては、看護師の笑顔に癒されたり、元気をもらえるので、つらい治療もがんばれることもあります。

看護師の不足を解消するために応援ナースがあります。

応援ナースは6か月単位で人出が足りない医療機関で働くので、赴任先は、

北海道

 

沖縄・離島

 

首都圏

 

 

などの急性期病院での勤務があり、自分が働きたい地域を選んで登録できます。応援ナースは、6か月という短期間の雇用なので、退職金はでませんが、その代わり1カ月の給料が45万円以上とかなりの高給になっています。

 

地方に赴任する場合は、寮やアパートなど住む場所は用意してくれるので、わざわざ現地に行って、アパートなどを探す手間がいらないので、とても助かります。体制が整っていない医療機関などでは、看護師の離職率がとても高く、看護師不足はとても深刻な状況です。即戦力を確保することはとても難しので、体制が整う間だけでも経験豊富な看護師を欲しいと考えている医療機関もとても多いです。

 

応援ナースのメリット、デメリット

応援ナースのメリット

高給なので短期間で資金をためやすいことです。
北海道や沖縄など大自然の環境の中で働けるのが嬉しいという口コミや、全国に自分と同じ価値観の友達ができて嬉しいという口コミもあります。

 

応援ナースのデメリット

生活の拠点を移す必要があるので、家庭のある看護師にはむかないということです。慣れない環境なので、ストレスも感じやすくなります。

 

応援ナースの仕事には、むいている人とむいていない人がいるので、自分は応援ナースにむいているのかじっくり考えて応募してください。

 

 

>>応援ナースの 求人募集の探し方 TOP