応援ナース口コミ・評判・評価

応援ナースとして働いた事のある方が実際にどうだったのかを口コミです。参考になればと思います!

応援ナース 石垣島

応援ナースとして、沖縄の石垣島で働きました。最初は半年間の勤務の予定でしたが、思っていた以上に楽しく1年間働きました。まず、応援ナースとしてよかったのは旅費が出る事です。石垣島までは沖縄本島を経由していかないといけないのでそれなりの交通費がかかるのですが、それを全て負担して頂きました。また、家具付きの寮も完備されていたので住むところを探す事もなく、必要最低限の持ち物を持って行くだけでした。

 

仕事としては難しい技術が必要なこともなく、看護師としての経験がある人であれば問題なく働く事ができると思います。ただ、島の人の言葉が難しく、特にお年寄りの言葉は聞き取りにくいこともあり、何度も聞き直したり意味を聞いたりしないといけないことが多くありました。スタッフは地元の人も多いですが、私と同じように本土から働きに来ている若いナースも多いため期間限定でも問題なく接してくれました。

 

石垣島では年に何度も台風が来ることも大変でした。私が行った年も大きな台風があり、島の人は台風だと仕事に来ないという人もいたりして日勤の人数が足りなくなった日があり大変でした。また、停電もあり数時間で復旧したんですが、雨風の音も強く不安な夜を過ごしました。台風の時は荷物を運んでくる船が欠航になるため、数日はスーパーの品数が少なることもありちょっと不安に感じました。

 

夏はそれなりに暑いんですが、本土の夏の暑さと対して変わらず、冬の寒さは本土よりマシですが、石垣島で暮らしているとそれなりに寒く感じてしまいました。休みの日の遊びはとても楽しかったです。スキューバーダイビングのライセンスを取って潜りに行きました。どこのショップもたいていは島割があり、旅行で行くよりかなり安い料金で潜ることができました。また、友達と近くのビーチでシュノーケリングをしたりしました。

 

海が近く、それもコバルトブルーの海で本当に気持ちよく最高の気分でした。お酒が好きなスタッフも多いため、夜はみんなでカラオケに行ったり飲みに行ったり、ボーリングに行ったりして楽しかったです。大きな百貨店やデパートすらないものの、24時間営業のスーパーもあるしコンビニもあるので生活には困りませんでした。離島に観光に行ったり、島の行事に参加させてもらったり、貴重な体験もできました。

 

応援ナースとして働いた1年は本当に夢のような1年でした。今でも仲良くなったスタッフとは連絡を取り合って、時々旅行に行っていますが、また働きたいと心の底から思います

 

応援ナースは受け入れる側

 

すぐに人員の手当てがつくというメリット

 

応援ナースはで働く側

 

縛りがないので精神的に気楽になれるというメリット

 

「気楽」という側面から考えるなら勤務場所を全く未知の地域にすることも可能にします。一定期間と決まっていますので、海の近くの場所を選択することもできますし、山の近くでも問題ありません。沖縄や北海道・東京や大阪などで短期で働けます。

 

このほかには働く側にとっては給与が高いというメリットもあります。ただし、この点においては手放しで喜べない要素も含んでおり、一概にメリットというわけにもいきません。それはほかの看護師との軋轢を生む可能性です。こうした問題点も含めて応援ナースの実態を口コミサイトで知ることはとても重要です。口コミサイトには実際に体験したナースが応援ナースという働き方に対して自分の考えを書いています。いわゆる評判ですが、その評判は応援ナースの実態を知るのに役に立ちます。

 

 

>>応援ナースの 求人募集の探し方 TOP